肺癌について知ろう!トップ > 肺癌の予防肺癌予防のポイント

肺癌予防のポイント

日常生活から肺癌予防に努める

肺癌は一度発生してしまうと治療が困難なうえ、増殖・転移が行われやすく、再発のリスクも抱えることになります。それだけに日ごろから肺癌にならないよう、予防に注意しておくことも求められます。

予防のポイントは喫煙と食生活

肺癌予防のポイントとしてはまず喫煙。直接的な関連性に関してはまだ明らかになっていない面もあり、関係を否定する意見もありますが、肺癌のなかでも小細胞癌は喫煙との関わりが非常に高いといわれています。
少なくとも喫煙が肺の健康状態によいとはいえないでしょうから、ヘビースモーカーの人は少しでも本数を抑えた方がよいでしょう。また本人が喫煙していなくても周囲の喫煙者の煙を吸ってしまう受動喫煙にも注意が必要です。

それから食生活。免疫力の低下も肺癌をもたらす大きな問題です。栄養バランスの整った食事を取ることが求められますが、とくに抗酸化作用を持った食材が肺癌予防に役立つといわれています。
代表的なものとしてはカロテノイド。とくに肺を守る効果に優れているといわれています。

このカロテノイドが含まれている食材としてはほうれん草、ニンジン、パパイヤ、トマト、赤ピーマンなどがあります。脂質と一緒に摂取すると、吸収が高まると言われているので毎日の食事で工夫してみるとよいでしょう。

定期健診と自覚症状の確認が重要

あとは、やはり検査と自覚症状の確認。咳や痰、息切れなどの症状が見られた場合にはできるだけ早く検査を受けることがポイントです。

早期発見できればそれだけ治療が楽になりますし、発見されない場合でも生活習慣の指導を受けることで肺癌予防に役立てることができます。こうした対策で、日々予防に努めることで肺癌のリスクを減らすことができるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。