免疫療法

免疫力を高めることで癌を防ぐ方法

癌の治療方法として注目を集めているのが免疫療法です。
手術や抗がん剤治療、放射線治療といった従来の治療方法の場合、副作用など体への負担が大きな問題となりますが、免疫療法では体に無理なく、健康な状態を維持しながら治療を目指していけるという大きなメリットがあります。

免疫療法とは文字通り体の免疫力を高め、癌細胞の発生・増殖を防ぐ方法のことです。
とくに転移を防ぐ際に大きな威力を発揮します。ただ、現在ではまだ情報が独り歩きしている面もあり、正しい知識が広がっていない傾向も見られます。

免疫療法は二種類ある

免疫療法には大きく分けて2つの分類があります。ひとつは医学的な癌の免疫療法
もうひとつは非医学的な免疫療法です。後者は民間療法を取り入れたサプリメントや食材・成分の摂取が代表例として挙げられます。後者のみで癌の治療効果を得ることは難しいですが、前者とうまく組み合わせることで高い効果を期待することができます。

医学的免疫療法について

では医学的な癌の免疫療法にはどのような方法があるのでしょうか。
これもより細かく2つの種類に分類できます。まず非特異的癌免疫療法特異的癌免疫療法です。
後者は癌の細胞だけを狙い撃ちできる免疫を獲得する療法、前者はそれ以外となります。

具体的な方法としては、非特異的免疫療法ではナチュラルキラー細胞療法、活性化リンパ球療法など、特異的免疫療法では樹状細胞ワクチン療法などがあります。
今後さらに進歩し、癌治療の現場において役立てられていることが期待されている治療法です。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。