肺癌について知ろう!トップ > その他治療法重粒子線治療

重粒子線治療

癌治療の理想といえる治療法

癌治療の最大のテーマはいかに癌細胞だけを狙って治療を行うことができるかです。
抗がん剤の副作用は、まさにこの問題が最大のポイントとなっています。周囲にある健康な細胞にできるだけダメージを与えることなく、いかに癌細胞だけを狙い撃ちできるか。そこに癌治療の真価がかかっているといっても過言ではないでしょう。

そんな理想的な癌治療の方法として普及が期待されている治療に、重粒子線治療があります。
この方法はその名の通り重粒子を使用して癌細胞を攻撃する点に最大の特徴があります。
現在の治療では、陽子線炭素イオン線という2種類の粒子線が使用されています。

痛み・副作用の少なさなどメリットは多い

重粒子線治療のメリットはほかにも多数あります。痛みを伴わないこと、副作用が少ないこと、治療後の社会復帰が早いことなどがまず挙げられます。それから手術のように治療によって体や臓器の一部が欠損するようなこともなく、傷跡も残らないこと。

これは術後のケアや社会復帰にも関わる重要なポイントとなるでしょう。また、早期の段階で治療できれば根治しやすいこと、X線では届かない深い部分にある癌の治療にも役立てられること、そして高齢者にも体の負担をかけることなく使用できることなどが挙げられます。

問題点は導入している病院が少ないこと

ただし、この治療には加速器と呼ばれる大掛かりな装置が必要なため、行っている医療機関が限られている状況です。必要な装置が小型化し、より幅広く治療が行われるかどうかが今後の普及の鍵を握ることになるでしょう。
効果の高い方法だけに、これから治療を受けようと思っている人はすでに導入している医療機関を探してみるのもよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。