肺癌について知ろう!トップ > その他治療法分子標的治療薬の副作用

分子標的治療薬の副作用

癌治療の理想ともいえる治療方法

癌治療において非常に大きな役割を果たすのではないかと期待を集めている分子標的治療薬
従来の抗がん剤とは異なり、癌細胞のみを攻撃することによって効果的に治療を行っていくことができる方法です。癌細胞だけでなく健康な細胞まで攻撃されてしまい、重大な副作用に悩まされることになる抗がん剤に比べて患者の負担を大幅に減らすことができる点が大きな特徴です。

理想的な癌の治療法に思えるこの分子標的治療薬ですが、まったく健康に影響を及ぼさないというわけではありません。ごくわずかではありますが、副作用のリスクも存在しています。

重症化する副作用は極めて少ない

もっとも多いケースとされているのが発疹やかゆみ、皮膚の乾燥といった皮膚に生じるトラブル。
さらに下痢や肝機能障害が見られる場合もあります。なお、副作用そのものは全体の8割近くに発症するため、症状の軽重が大きな問題となります。

データでは深刻な状態をもたらす重度の副作用が発生したのは全体の8〜9%程度。
上述した症状が顕著になるのも10%程度といわれており、それほど心配することはないといえます。
なお、これらの副作用は分子標的治療薬の使用を中止するほか、副作用に対する治療を行うことで対処することができます。この辺は医師の判断に任せることになるでしょう。

体だけでなく心の負担も軽減した治療法

このように、いくつかの副作用こそ見られますが、抗がん剤のそれに比べれば比較にならないほど軽く、深刻な事態や心身への負担をもたらすこともほとんどありません。この点においても新しい癌治療の選択肢として優れていることがわかるというものです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。