肺癌について知ろう!トップ > その他治療法分子標的治療薬について

分子標的治療薬について

癌治療の宿命ともいえる問題を解決した治療法

がん治療の現場で現在注目を集めているのが、分子標的治療薬です。
これは癌細胞のみを狙い撃ちする形で効果を発揮する薬です。

もっとも一般的な癌の治療方法である抗がん剤は、高い効果が見込める反面、癌細胞以外の、周囲にある健康な細胞まで攻撃してしまうという大きな問題点を抱えています。
そのため副作用に悩まされるばかりでなく、辛い闘病生活に「心が折れてしまう」問題をもたらす恐れもあります。分子標的治療薬はそんな抗がん剤の宿命的ともいえる問題を解決してくれる治療方法として期待が集まっているのです。

癌の形成原因を潰すことで増殖を防ぐ

この分子標的治療薬の特徴は、癌の原因となる遺伝子のシグナル伝達を妨げたり、癌細胞のみに備わっている機能性たんぱく質の働きを妨げる効果を持っている点です。
これらの効果によって癌細胞が体内で増殖・転移することを抑える効果が期待できるのです。
とくに肺癌の場合はリンパ節や血管を通して癌細胞が拡大していく点が大きな問題となっていますから、大きな役割が期待されているのです。

分子標的治療薬の種類について

現在、分子標的治療薬には3つの種類があります。
まず抗体製剤。これは人工の抗体によって癌細胞を攻撃する効果を持っています。
それからシグナル伝達阻害薬。これは上述したように癌の遺伝子のシグナル伝達を阻害する効果があります。3つ目は申請血管阻害薬。よく知られているように、癌にかかると血管が続々と増殖していきます。この薬はそれを防ぐことによって癌の増殖・転移を防ぎ、さらに栄養補給を防ぐことで殺す効果をもたらします。今後のがん治療の主流になると期待されており、今後の活用に注目が集まっているのです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。