肺癌について知ろう!トップ > 肺癌の化学療法抗がん剤の副作用

抗がん剤の副作用

治療効果は高いが強い副作用を伴う

癌治療の主流となっている抗がん剤。高い効果を見込める一方で副作用の問題がつねに付きまといます。癌の治療は辛いといわれますが、その多くがこの抗がん剤の副作用がもたらす障害にかかっているともいえるのです。

副作用は正常な細胞の破壊が原因

癌細胞は発生すると急速な勢いで分裂していきます。それが増殖・転移のリスクを高めていくわけですが、一方では攻撃に晒されやすい状態にもなっています。抗がん剤はその特徴を利用して細胞そのものやDNAを攻撃することで死滅させる効果をもたらします。

しかし一方で癌細胞だけでなく、同時に分裂している他の細胞も攻撃してしまう面も持っているのです。いわば無差別攻撃といえるもので、癌細胞と健康な他の細胞を区別することはできません。

主な副作用について

とくに活発な分裂を行っている細胞が攻撃の標的となりやすく、血液をつくる造血組織消化管粘膜、毛根細胞、口腔粘膜などがとくに狙われやすい細胞となります。
ですから、副作用もこうした細胞とかかわりのある部分に生じやすくなるのです。

抗がん剤の副作用といわれて多くの人が思い浮かべるであろう、脱け毛も毛根細胞がダメージを受けたことによるものです。脱け毛以外の副作用としては貧血、出血、口内炎、吐き気、下痢などが挙げられます。他には血小板や白血球の減少による感染症への感染なども挙げられます。
抗がん剤を使用する場合はこうした副作用を見越した上で治療を行っていく必要があります。

副作用の少ない抗がん剤も開発されている

副作用を減らすために放射線治療を併用したり、副作用を軽減させるための薬剤を服用するなど、最近では医学の進歩により抗がん剤の副作用を軽減させる治療方法も増えている状況で、今後の発展にも期待がかかっています。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。