肺癌について知ろう!トップ > 肺癌の化学療法抗がん剤とは

抗がん剤とは

抗がん剤はどんな癌にも適用できる

抗がん剤とは癌細胞を死滅させることによって癌の治療効果をもたらす薬剤です。
化学療法を代表する薬剤であり、現在でも癌治療の主流となっています。どんな癌にも適用できるのが大きなメリットで、手術では切除が困難な癌でも治療に役立てることができるため広く用いられています。

がん治療で使用される抗がん剤について

現在、癌治療の現場で使用されている抗がん剤には代謝拮抗剤アルキル化剤、抗がん性抗生物質、微小管阻害薬などが挙げられます。

代謝拮抗剤とは癌細胞の酵素を利用することで癌細胞の増殖を防ぐ効果がを持った薬です。癌細胞の分裂を防ぐため、長期間に渡って投与する必要がある点に特徴があります。
それからアルキル化剤とは癌細胞のDNAに効果を及ぼすことによって損傷をもたらし、癌細胞の増殖力を損なう効果を持っている薬です。もともと毒ガスの研究から生まれた薬としても有名です。
微小管作用薬は癌細胞の内部にある微小管という部分の働きを阻害して死へと追い込む薬です。

抗がん剤の投与方法

このように、抗がん剤にはさまざまな種類があります。投与方法にもいくつかの選択肢があり、癌が生じた部位などによって判断されます。癌細胞が発生している臓器に直接投与したり、筋肉注射を行ったり、静脈・動脈に注射を行う場合もあります。

癌が発症した人にとって、もっとも身近な治療方法となる抗がん剤。優れた効果を持つ一方で副作用のリスクも抱えています。それだけに使用する抗がん剤の知識をしっかりと把握し、信頼できる医師の下で治療を受けることが大前提となるでしょう。効果、副作用の療法を確認しておきたいところです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。