肺癌について知ろう!トップ > 肺癌の化学療法肺癌の化学療法

肺癌の化学療法

手術が困難な場合適用される

肺癌の大きな問題点は手術による治療が難しい点にあります。
肺の機能上、切除してしまうと呼吸困難など日常生活に深刻な問題をもたらす可能性があるのです。
そのため手術が困難と判断された場合には、化学療法か放射線治療が選択されます。
基本的に�V期以降の肺癌に関しては化学療法がメインとなります

ステージ別の治療法について

肺癌の化学療法に関しては小細胞癌か、非小細胞癌かによって選択が異なってきます。
上述のように�V期、�W期において化学療法がメインとなりますが、小細胞癌の場合はステージに関わらず最初から化学療法が用いられることが多くなっています。

副作用について

化学療法といえば、副作用が大きな問題となります。癌細胞だけではなく健康な細胞まで殺してしまうことで重大な健康障害をもたらすこともあるのです。
では肺癌の化学療法においてはどのような副作用が見られるのでしょうか。おもなところでは吐き気や嘔吐、手足の痺れ、そして脱毛が挙げられます。なお、こうした副作用の辛さを軽減させるために、吐き気止めやステロイド剤を使用する場合もあります。

他の治療との併用で副作用を減らす

肺癌治療では化学療法のみを行うケースは少なく、他の治療、とくに放射線治療と組み合わせて行うことが多くなっています。放射線治療で癌細胞を小さくした状態で抗がん剤を使用することで副作用を少しでも減らすことができるのです。

また、小細胞癌でも初期の場合には手術療法と組み合わせて行われることもあります。肺癌治療では化学療法をいかにうまく活用し、患者の負担を和らげることができるかが最大のポイントとなってくるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。