肺癌について知ろう!トップ > 肺癌の化学療法化学療法とは

化学療法とは

薬剤で癌治療をおこなう化学療法

化学療法とは、薬剤を使用して癌の治療を目指す方法です。
世間一般的には抗がん剤による治療のことを指して使われていますが、実際には他にもさまざまな薬剤が使用されています。

抗がん剤について

抗がん剤のほかにはホルモン剤や免疫賦活剤などが挙げられます。
最近癌治療の選択肢として注目されている免疫療法に役立てられる免疫賦活剤などは注目すべき薬剤といえるでしょう。また、治療ではなく症状を和らげるための鎮痛剤なども広い意味で化学療法に含まれます。

ただ、化学療法といえばなんといっても抗がん剤治療でしょう。この治療法は大きく分けて「細胞障害性抗がん剤」「分子標的治療薬」の2種類に分類されます。
一般的に用いられているのは前者の方で、後者の方は近年の医学の進歩によって広く用いられるようになったもので、とくに肺癌や乳癌、白血病などの治療において役立てられるようになっています。

癌に対して高い治療効果が見込める

抗がん剤の最大のメリットは効果の高さ。癌細胞を直接攻撃して死滅させることができます。
一方その効果の高さはデメリットにもなり、癌細胞だけでなく周囲の健康な細胞まで一緒に殺してしまいます。それがさまざまな副作用となって現れるのです。

進行した癌の治療に優れた効果を発揮する一方、つらい副作用と戦いながらの闘病生活となります。
放射線治療と組み合わせて行うことで副作用を軽減しながら治療していく方法も選択されています。現在でももっとも効果の高い治療方法の一種といえるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。