肺癌について知ろう!トップ > 放射線療法放射線療法とは

放射線療法とは

放射線で癌細胞を破壊する

抗がん剤治療、手術療法とともに癌治療の最前線で活躍している治療法が放射線療法です。
放射線を照射することで治療ができる方法として、とくに近年注目を集めている治療法でもあります。

最大の利点は臓器を切除する必要がないこと

最大の特徴は、臓器を温存しながら癌細胞を攻撃することができること。
手術療法の場合、癌細胞がある部位を切除することによって治療が行われますが、それによって臓器の一部を失い、術後の健康状態に影響を及ぼす恐れがあります。放射線はその心配がまったくないのです。

また副作用が少ない点も大きなポイントとして挙げられるでしょう。
抗がん剤の場合、癌細胞を殺す高い効果がある一方、その周囲にある健康な細胞まで殺してしまうため重大な副作用に見舞われることになります。放射線の場合は癌細胞のみを狙って攻撃することができるため、副作用も最小限に抑えることができます。

日々進歩を続ける放射線療法

現在放射線療法で活用されている放射線としてはエックス線、ガンマ線、電子線の三種類がメインですが、最近ではより効果が高いと言われている陽子線や重粒子線などの活用も実用化されつつあります。安全性が高いといわれている放射線療法ですが、その中でも日々進歩により効果と安全性がさらなる向上を見せているのです。

また、他の治療を組み合わせて行われることが多いのも特徴といえるでしょう。手術の際にあらかじめ放射線を照射して癌細胞を小さくすることで切除する範囲を小さくすることもできますし、抗がん剤と組み合わせることで副作用を最小限に抑えながら高い効果を得ることもできます。
ケースバイケースで多彩な活用方法が用意されている優れた治療法なのです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。