拡大手術

肺癌治療は状況に合わせ慎重な判断が必要

肺癌の手術は癌の進行度合いや肺の状況、さらには患者の体力などを踏まえたうえで慎重に判断しなければなりません。通常の肺葉切除術では対応しきれない場合には他の手術を選択する必要もあるのです。そんな選択肢のひとつに拡大手術があります。

再発・転移を考え癌周辺の組織も切除する

癌治療における手術の最大の目的は、癌細胞をまるごと切除する点にあります。
とくに肺癌の場合は転移のリスクが高いため、原因を根本から除去することに大きな意味があります。
だからこそ、肺の機能低下というリスクをおしてまで行う価値があるのです。しかし、通常の肺葉切除術ではすべての癌細胞の除去が難しいケースもあります。

症状がある程度進行してしまった場合で、そんな場合には手術の範囲を拡大して切除することも必要になります。そんな手術が拡大手術なのです。拡大手術の特徴は肺葉だけでなく、癌細胞が拡大している周辺の組織も丸ごと切除する点にあります。そうすることで肺癌の治療はもちろん、再発や転移の可能性も一気に排除することができるわけです。

現代医療ではあまり適用されない方法

ただし、現在ではこの拡大手術はあまり行われなくなっています。
現代医療では切除する範囲は最小限に、体への負担もなるべく少なくする治療法を選択することが大前提となっています。広範囲の切除によって体に大きな負担をもたらす拡大手術は歓迎されていないのです。高齢者など手術の負担に耐えるのが難しい人には行われませんし、手術によって確実に肺癌の治療を行うことができると判断された場合にのみ選択されることになります。

なお、拡大手術を行う際には効果を確実にするため、前もって抗がん剤や放射線治療を行い、癌細胞を小さくする補助療法が行われることもあります。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。