縮小手術

標準治療の問題点を解決した治療法

初期の肺癌治療において高い効果が見込める治療方法に縮小手術があります。
現代医療の傾向にも合っているため、広く用いられている治療方法となっています。

肺癌の標準治療といえ、肺葉をまるごと切除する肺葉切除術が挙げられます。
癌細胞が発生した肺葉をまるごと切除することによって癌細胞を除去する方法です。
この方法は効果が高い一方、術後の肺機能の低下や、手術の負担の重さが大きなネックとなっています。縮小手術は、そんな標準治療の問題点を解決した方法なのです。

癌細胞のみを切除する手術療法

具体的には肺葉をさらに細かいブロックに分け、癌細胞がある部分のみを切除する方法となります。
細かく言えば縮小手術には「区域切除」「くさび状切除」の2種類があり、前者が細かいブロックに分けて切除する方法、後者は癌細胞がある部分のみを楔型の状態で切除する方法となっています。

どちらにしろ、切除する範囲を最小限に抑えるのが大きな目的となります。それによって術後の肺機能の低下を防ぐとともに、高齢者など標準治療の負担に耐えられない人でも受けられるといったメリットが得られるのです。

初期の癌にしか適用されない

ただ、この縮小手術が可能なのはあくまで初期の癌。�T期でも癌の直径が2センチ以下であることが条件となります。また、できるだけ狭い範囲の切除となるため、ちゃんと癌細胞を切除しきれるかどうかが大きなポイントとなります。

患者の負担は最小限に、余計なところは切除しないという現代医学に適した治療方法だけに、できるだけこの段階で治療を受けることが肺癌治療のポイントとなるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。