肺癌について知ろう!トップ > 手術について肺葉切除術

肺葉切除術

最も効果的な手術療法

肺葉切除術とはもっとも標準的な肺癌の治療方法です。
効果の高さ、治療のやりやすさでは一番といってよい方法ですが、一方ではいくつかのデメリット、注意点もあるので慎重な選択が求められる方法でもあります。

癌細胞を根本から除去する効果の高い治療

この手術では文字通り肺葉をまるごと切除し、そこにある癌細胞の除去を目指します。放射線治療や抗がん剤治療とはことなり、癌細胞を根本から除去してしまうため非常に高い効果が期待できるのです。

肺葉とは肺を構成している房で、ブドウの房のような形をしています。これは右肺には3つ、左肺には2つ存在しており、それぞれに血管と気管支、リンパが入り込んでいます。
肺癌が進行するとこれらのルートを通して他の部位に転移してしまうリスクもあります。
そのため転移を防ぐ意味でもこの肺葉切除術は効果的な方法となるのです。なお、手術の際には転移のリスクを防ぐため、肺葉と一緒に縦隔や肺門部にあるリンパ節も一緒に切除されます

切除する範囲は癌の進行度合いによって異なり、通常はひと房のみ。しかし右肺の場合は上葉と中葉、あるいは中葉と下葉の療法を切除する2葉切除が行われる場合もあります。

デメリットは呼吸機能の低下

問題点としては肺の一部分を切除するためにどうしても呼吸機能が低下してしまうこと。
とくに肺活量の低下が顕著に見られます。

また手術時の負担が大きいため、ある程度の体力が求められます。そのため高齢者には適さない面もあるのです。負担が大きいと判断された場合、癌細胞がまだ小さい場合には切除する範囲を限定する縮小手術が行われます。もっとも基本的に肺癌の治療方法となるだけに、この手術に関しては知っておいて損はないでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。