肺癌について知ろう!トップ > 手術について肺癌の標準手術

肺癌の標準手術

増殖・転移を防ぐ標準手術

肺癌は手術が可能な段階で治療を行うのが理想的です。
症状が進行すると血液やリンパを通して増殖・転移してしまう可能性があるからです。それを防ぐため、癌細胞がある部分をまるごと切除する手術のことを標準手術と呼んでいます。

癌細胞がある肺葉を丸ごと切除する方法

この標準手術肺葉切除手術とも呼ばれており、その名の通り癌細胞がある肺葉を丸ごと切除する点に大きな特徴があります。左右にある肺は肺葉というブロック(房)に分かれています。
右の肺は3房、左は2房あります。その房に 癌細胞が発生した場合に行われます。
房を丸ごと切除することで、そこに発生した癌細胞を丸ごと除去できるほか、技術的にもやりやすく、完治の可能性が非常に高くなるのです。

基本的にはひとつの房を切除することになりますが、右肺の場合、癌細胞の増殖状況を踏まえながら2つの房を切除する2葉切除も行われます。また、一方の肺に広範囲2わたって癌細胞が拡大してしまっている場合にはすべてを摘出する必要も出てきます。

効果的な治療だが体への負担は大きい

この標準手術は治療効果が高い一方、患者に大きな負担を強いる面もあります
肺葉を切除することによって肺の機能が低下してしまい、呼吸機能が損なわれてしまうことが多いのです。肺活量の大幅な低下に悩まされることもあります。

また、高齢者や体力が弱っている人の場合、手術の負担に耐えられないケースも出てきます。
肺癌の進行がまだ初期段階で、体力的にも余裕がある場合に適した手術といえるでしょう。医師の選択や技術も重要になってきます。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。