肺癌について知ろう!トップ > 手術について手術にかかる費用は?

手術にかかる費用は?

治療は長期化するため費用も高額になる

肺癌手術にはどの程度の費用がかかるのでしょうか。肺癌に限らず癌治療は経済的な負担が大きくなるのが大きな問題点です。とくに肺癌の場合は転移や再発のリスクが高く、治療期間が長くなることで費用が膨れ上がってしまう可能性もあります。

手術療法が適用された場合の費用について

治療費は症状や手術の方法、規模によって異なってきますが、標準手術である肺葉切除手術の場合には120〜150万円程度の費用がかかります。ただし、この手術では保険が適用されるため原則としては3割負担、高齢者の場合は1割負担で済みます。

ただし、手術を行った場合にはそれ以外でもさまざまな費用の負担が必要となります。
再発を予防するための抗がん剤の費用、さらに定期検査にかかる費用。血液検査やエコー検査などが行われます。抗がん剤治療が1年間に120万円程度、検査は年間10〜20万円程度。検査に関しては年に何回行われるかで異なってきます。一年目は2回、二年目以降は4回行うのが一般的です。

短期間の入院で済む胸腔鏡手術

保険適用を除いた自己負担額としては、手術を行った1年目で50万円前後、2年目以降は検査のみの場合は10万円弱、ただ再発や転移などの状況によって異なってきます。これが基本的な肺癌手術にかかる費用となるでしょう。

ただし、症状が重い場合、他の手術が行われる場合もあります。たとえば近年普及が進んでいる胸腔鏡手術。この場合は技術料が発生するため、費用は10〜20万円ほど、若干高い数字となります。
ただ通常の手術に比べて入院期間が短くなるため、入院費用は安くなる傾向が見られます。肺癌手術にかかる費用はケースバイケースですが、これらを目安にしておくとよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。