肺癌について知ろう!トップ > 肺癌の治療肺癌治療の予後

肺癌治療の予後

肺癌は予後の観察が重要

肺癌は死亡率が高い病気と言われています。しかも再発のリスクも高く、治療を行うだけでなく予後の経過観察も重要なポイントとなってくるのです。

手術によって治療を行った場合、�T期の場合は5年生存率は70%、�U期の場合は50%
この数字を高いと見るか低いと見るかは、人それぞれ意見が異なるでしょうが、予後の観察によって生存できるかどうか、再発を防ぐことができるかどうかが大きく異なってくる場合もあるのです。

再発・転移の検診は必ず受診する

肺癌治療の予後では、まず再発・転移の可能性をつねに確認しておくことが重要です。
よく知られているように肺周辺には心臓や食道、大血管、気管支などがあり、あちこちに転移しやすい面があります。また厳密な意味では肺癌として扱われませんが、他の部位から転移しやすい特徴も見られます。

これらに加えて再発のリスクをチェックすることで予後の健康状態を維持することができます。
早期発見が重要だけに、治療が終わったからといって油断せずに定期的に検診を受け続けることが求められます。

生活習慣の改善は必須

もうひとつは治療方法の選択。最近では手術や放射線治療、抗がん剤を使用しない治療方法が行われる機会も増えています。免疫療法がその代表的な例です。
癌予防に効果の高い成分やサプリメントなども市販されるようになっていますが、こうした方法をどの程度取り入れるかも予後においてポイントとなってきます。

もちろん、生活習慣の改善も忘れてはなりません。禁煙は当然のこととして、ストレスや睡眠不足など免疫力を低下させてしまうような習慣も改善する必要があります。
癌が再発しないような環境を築くことも治療の予後には求められるのです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。