肺癌について知ろう!トップ > 肺癌の治療標準治療とは

標準治療とは

手術による肺の切除が標準治療

肺癌になった場合、どのような治療が行われるのでしょうか。技術の進歩によりさまざまな治療が登場し、重度の症状でも回復が見込めるようになりましたが、肺癌の患者に対してまず最初の選択肢として用意されるのが標準治療です。文字通りもっとも標準的な治療として用いられて方法なのですが、手術によって切除する内容となっています。

肺癌は切除によって肺の機能が損なわれてしまう点が、治療における大きなネックと言われています。しかし初期の癌の場合には癌細胞がある部分を効果的に切除することができる優れた治療方法でもあります。

最も多く用いられる肺葉切除

標準治療においてもっとも多く用いられているのが、肺葉切除と呼ばれる方法です。
肺には右に3つ、左に2つある肺葉を切除する手術です。この肺葉には気管支と血管が入り込んでおり、それを通じて増殖・転移してしまうことが多いのです。ですから問題のある箇所を切除することによって早期の段階で対処することができるのです。

ひとつのひとつの肺葉は「房」と数えられますが、ひとつの房だけを切除するのではなく、2つの房を切除する2葉切除も広く行われています。切除する部分によって「右上葉切除」などと呼ばれます。

進行具合により標準治療が適用されないことも

症状が進行していた場合には片方の肺すべてを切除しなければならなくなり、その場合は標準治療ではなく片肺全摘出術と呼ばれるようになります。
この場合には手術後の肺機能の低下や患者への負担が大きくなるため、手術が適当なのかどうか、慎重に判断する必要が出てきます。標準治療は�T期〜�U期の比較的軽度な肺癌に対して行なわれています。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。