肺癌について知ろう!トップ > 肺癌の治療肺癌の治療について

肺癌の治療について

治療が難しい病気

肺癌は治療が難しい病気と言われています。肺の役割柄、癌が生じた部分を切除するのが困難であること、転移しやすいことなどが挙げられます。現在でももっとも死亡率が高い癌となっていますが、一方では医療の進歩によって効果的な治療方法も登場しています。

抗がん剤、放射線治療、手術を組み合わせる

肺癌の治療の特徴は、ひとつの方法のみを選択することはほとんどないことです。
癌の治療法では抗がん剤、放射線治療、手術が広く知られていますが、これら3種類をうまく組み合わせながら行っていくことになります。

手術の場合、癌細胞をすべて除去することができますが、上述したように肺では行うのが難しい面があります。抗がん剤は肺癌に対してもっとも効果が高いといわれていますが、副作用の問題があります。放射線治療の場合も患者の健康への負担が大きいという問題があります。
それぞれの長所を活かし、短所をできるだけ抑える治療が求められるわけです。

癌の進行具合で治療は異なる

具体的な治療方法に関しては、肺癌のステージごとに異なってきます。
初期であればあるほど手術療法の役割が大きくなる傾向があります。�T期、�U期では手術療法のみ、あるいは手術療法と抗がん剤治療、放射線治療が組み合わされて行われます。

�VA期になると放射線治療をメインに抗がん剤治療を組み合わせるか、抗がん剤治療に手術療法を組み合わせて行います。�VB期と�W期では抗がん剤治療のみか放射線治療と抗がん剤治療の組み合わせとなります。

また、小細胞癌の場合は病気分類によっても異なる治療法が選択されます。
当然どの方法を選択するかで患者の負担も異なってくるだけに、治療の際には医師とよく相談し、治療計画を把握しておくことが重要になってくるのです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。