肺癌について知ろう!トップ > 間違えやすい病気器質化肺炎(特徴・症状・原因)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

器質化肺炎(特徴・症状・原因)

肺胞に肉芽が発症する病気

肺癌と間違えられることも多い肺の病気に、器質化肺炎があります。
胸部X腺検査で検査を行った場合によく間違えられることも多いようです。

この器質化肺炎とは、肺にある肺胞に炎症が発生し、肉芽が発生する症状のことです。
肺炎の一種ではありますが、通常の肺炎に比べて治療が厄介な病気でもあります。
肺胞とは呼吸の際に酸素と二酸化炭素の交換を行っている非常に重要な部分です。これが正常に機能しなくなることで呼吸困難や動悸といった症状が起こります。

膠原病が原因となることも

原因は膠原病や膠原体がもたらすほか、放射線の照射や薬剤などが挙げられます。なお、原因がはっきりと特定されない器質化肺炎のことを別に「特発性器質化肺炎」と呼んでいます。

細菌性肺炎と間違えられる特徴が

この病気では肺癌だけでなく、細菌性肺炎と間違えられることも多い点に特徴と注意点があります。細菌性の治療方法となる抗菌薬では改善ができないため、正確な診断と治療が求められます。

検査の際には肺の中に多数の影が生じる点に特徴が見られます。細菌性の肺炎の場合は気管支に生じることが多いため、この点で判断が可能です。正確な判断を行う際にはCT検査を行うのが一般的です。

治療方法について

治療に関しては、自然治癒の可能性もごくわずかながらありますが、大半は完治が難しく、ステロイド薬での治療が行われます。長期間に渡ってステロイド薬と付き合い続けることも多く、副作用対策も重要になってきます。症状が重く、ステロイドの量が多くなる場合には副作用を抑える薬も併せて服用する場合もあります。

スポンサードリンク


器質化肺炎(特徴・症状・原因)は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 肺癌について知ろう! All rights reserved .