肺癌について知ろう!トップ > 間違えやすい病気気管支ぜんそく(特徴・症状・原因)

気管支ぜんそく(特徴・症状・原因)

死に至る場合もある

肺癌と並んで肺の病気の代表格となるのが肺炎です。死亡原因としても非常に多く、また症状が肺癌と似ていることもあり、どのような病気なのか知識として踏まえておきたいところです。

高齢者が発症しやすい特徴が

肺炎とは、文字通り肺に炎症が発生した症状のことです。細菌やウイルスの感染が原因で、鼻や口といった呼吸から侵入することで感染が行われます。

風邪から肺炎に進行することが多いように、免疫力が弱まっている場合に感染するケースが多くなります。そのため、高齢者や病気の人がかかることが多いのも特徴です。肺炎での死亡例が多いのも高齢や闘病生活の最終段階で肺炎にかかることが多いという事情もあります。

症状について

おもな症状としては、咳や発熱、呼吸困難、悪寒などが挙げられます。軽度の場合は風邪との区別が難しく、ある程度進行してくると肺癌と似たような症状となるのが大きな特徴といえるでしょう。
なお、高齢者の場合はこうした症状があまり現れず、食欲不振や体力・気力の低下がおもな症状として現れることもあるため、見極めが重要になってきます。

治療方法について

なお、肺炎とひと口にいっても実にさまざまな種類があります。たとえば肺炎球菌やインフルエンザなどの細菌によって感染する細菌性肺炎、クラジミア、レジオネラなどの細菌以外の病原体によって感染する非定形肺炎、さらには肺が硬くなってしまう間質性肺炎などもあります。

とくに間質性肺炎は50代〜60代の男性に多く注意が必要です。治療はおもに薬物療法となりますが、これらの種類によって使用される薬物が異なり、医師の選択と患者の健康状態に合わせて最適なものを選ぶことになります。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。