肺癌について知ろう!トップ > 間違えやすい病気気管支拡張症(特徴・症状・原因)

気管支拡張症(特徴・症状・原因)

血痰をともなう病気

肺癌の症状のひとつに血痰があります。これが出た場合には肺癌の可能性を疑う必要があるわけですが、もうひとつ血痰をもたらす病気があります。それが気管支拡張症です。
これは文字通り、気管支が拡張してしまうことで正常な呼吸ができなくなってしまうものです。

原因について

気管支は、空気の通り道として重要な役割を果たしています。その気管支が拡張して膨らんだ正体になってしまったのが、気管支拡張症です。

原因は大きく分けて、先天的なものと後天的なものが挙げられます。前者に関してはインモータイル・シリア症候群カルダゲナー症候群などが原因となります。後者に関してはウイルスの感染のほか、免疫の異常や気道の閉塞などが挙げられます。

特徴的な症状は多量の痰

では、気管支が拡張されることでどのような問題が生じるのでしょうか。最大の問題は、気管支の浄化作用が低下してしまうこと。拡張によって気管支に血管が増加してしまい、血痰が生じるのです。
また、症状が悪化すると喀血が生じることもあります。慢性的な咳にも見舞われますが、その際にも気管支の拡張によってうまく咳をすることができず、呼吸困難が伴うケースが多くなります。

大きな特徴としては、痰の量が非常に多くなること。個人差がありますが、ひどい場合には1日に100ミリリットルもの痰が出るケースもあるようです。

治療は薬物治療が中心

気管支拡張症では、他の病気と併発することが多い点にも注意が必要です。気管支炎、肺炎、肺癌と併発することもあるため、正確な診断が求められます。治療はおもに薬物治療。マクロライド薬や気管支拡張薬などを使用して治療が行われていきます。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。