肺癌について知ろう!トップ > 間違えやすい病気気管支炎(特徴・症状・原因)

気管支炎(特徴・症状・原因)

肺癌と間違いやすい病期

肺癌と間違えられやすい病期の筆頭に挙げられるのが気管支炎です。
咳や痰など肺癌と似た症状が現れるため、正しい検査による診断が求められます。では、この病期は具体的にどのようなものなのでしょうか。

病気は長期化する特徴も

この気管支炎は、大きくわけて急性気管支炎慢性気管支炎に分けることができます。
基本的にはどちらも気管支に炎症が発症するのですが、細かい内容に関してはいくつかの点で違いが見られます。

最大の違いは名称の通り、急に発症するか、慢性化してしまうか。その境界は医学的に90日とされており、90日以内で収まる場合を急性と判断されます。一方、2年以上症状が継続して続く場合は慢性として扱います。

細菌・ウイルス感染が主な原因

問題なのは原因。細菌やウイルスの感染が主原因となりますが、免疫力が低下していたり、他の耳鼻科の疾患を抱えている人に起こりやすい傾向があります。
とくに免疫力の低下は慢性化をもたらしやすいので注意が必要といわれています。なお、慢性気管支炎の場合は喫煙の習慣が大きな原因になっているとも言われています。

症状・治療方法について

症状としては咳や痰、呼吸困難などが挙げられます。とくに痰は最初は水っぽいものだったのが、症状の進行とともに膿のようなドロドロとしたものに変化していく点が特徴的です。

治療はまず原因を排除することから。免疫力を高めるために生活習慣を改善したり、禁煙を行ったり。そのうえで気管支を浄化したり、拡張することによって炎症の症状や呼吸困難を改善することになります。肺癌のように命に関わるというわけではありませんが、日常生活に深刻な影響を及ぼすだけに、注意が必要な病気です。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。