肺癌について知ろう!トップ > 症状について肺癌の初期症状

肺癌の初期症状

自覚症状を把握し早期発見につなげる

肺癌は何よりも早期発見、治療が求められます。すべての癌に当てはまることではありますが、肺癌の場合、進行してしまうと治療が困難になること、転移が行われやすいことなどから、とくに重要な意味を持っているのです。

それだけに初期症状を把握し、日ごろの生活の中で気づくシグナルに注意する必要があるのです。

初期症状について

では、肺癌の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか。まず注意したいのは肺癌特有の初期症状はないこと。肺炎から単なる風邪まで、他の病気と間違えられやすいのが大きな問題です。

もっとも初期の症状としては咳や動悸、息切れが挙げられます。痰が増えてくるのもわかりやすい症状といえるでしょう。咳の場合は頻繁に、それも一度出たらめまいがするほどたくさんでるのが特徴です。特に喫煙者の場合タバコの影響か、肺癌の初期症状なのか区別が難しい部分が出てきますから注意したいところ。なお、痰に血が混ざるようになったらすぐに検査を受けるようにしましょう。

自覚症状の確認と定期健診で予防する

もう少し症状が進むと声がかれたり、食欲が低下したり、やる気がでなくなるといった問題が生じます。この段階にまで達して、はじめて肺癌の疑いを持つ人も多いようです。また、癌の症状や発生した部位によっては体重が減ったり、顔がむくんだりといった症状が現れる場合もあります。

なお、肺癌の初期症状に関しては肺門型の場合は比較的あらわれやすく、肺野型の場合はなかなか表面に出てこないことが多い傾向が見られます。それだけに、ただ自覚症状をチェックするだけでなく、検査も受けながら肺癌のリスクと向き合っていく必要があります。
まずは日常生活の健康状態を確認するところから始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。