肺癌について知ろう!トップ > 浸潤・転移肺癌の転移

肺癌の転移

最も恐ろしい肺の転移癌

肺癌でもっとも恐ろしいのは転移だと言われています。癌そのものが転移のリスクを抱えており、その前の段階で発見、治療を行えるかどうかがポイントとなるわけですが、とくに肺癌は転移のリスクが高い傾向が見られるのです。

転移とは簡単に言えば癌細胞が増殖、進行し、原発腫瘍がある場所を越えて拡大した状態のことを言います。たとえば肺に生じた癌細胞が骨や脳などに転移し、その場所で癌が新たに進行していくことになるのです。この転移を放置しておくと全身にまで及んでしまい、治療が不可能になってしまうこともあります。

肺癌は脳に転移することもある

なぜ肺癌は転移のリスクが高いのでしょうか。それは肺の独特の位置と役割が関わっていきます。
心臓や大血管、リンパ節に近く癌細胞が転移しやすい上、血管、リンパを通して拡大しやすい特徴があるのです。

では肺癌がどの場所に転移しやすいのでしょうか。もっとも多いといわれるのが脳、骨、肝臓です。
肺の癌細胞が血液を通って硬膜に転移することによって脳に異常が生じます。痙攣や麻痺、感覚障害といった自覚症状のほか、人格が変化してしまったり、精神状態が不安定になるといった問題が生じます。

転移後の症状について

骨の場合は血管やリンパを通して転移します。その際、骨を壊す破骨細胞に命令を下し、壊れた骨の組織に侵入することによって転移が行われます。症状が進むと骨折しやすくなるほか、腰痛などの問題を抱えることになります。肝臓の場合血液を通して転移しますが、「沈黙の臓器」と呼ばれるように自覚症状が乏しく、転移してもなかなか気づかないのが大きな問題です。

このように、転移が行われることによってますます治療が困難になるのが癌の厄介なところ。早期発見・治療がどれだけ重要になるかがわかるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。