肺癌について知ろう!トップ > 浸潤・転移肺癌の浸潤

肺癌の浸潤

肺癌で用いる場合は癌の増殖状況を示す

浸潤といえば、レントゲン撮影の際に不鮮明な陰影が生じた場合のことです。 この場合、肺癌よりも肺結核や肺炎のケースが多いのですが、肺癌になった場合にはまた違った意味で浸潤を捉える必要が出てきます。つまり、癌細胞が増殖していく状況を確認する必要があるのです。

浸潤の確認が治療方針を左右する

癌細胞は、放置しておくと周囲の組織を取り込んでどんどん増殖していきます。
それが拡大していくと血液などを通して他の部位に転移していくことになるのです。とくに肺癌は転移しやすい癌と言われています。肺には血液やリンパ腺と密接に結びついており、全身に広がっていきやすい傾向が見られるからです。

そのため、肺癌が認められた場合には細胞の浸潤を確認しながら経過をチェックし、治療を行っていく必要があります。肺癌の検査にはCTが広く用いられていますが、症状の進行度合いによっては肺だけに留まらず、全身に渡る検査が必要になってくる場合もあるのです。
最初は気管支や胸膜、さらにその後食道や心臓など全身へと広がっていくことが多いため、特に注意が必要となります。

肺癌は定期的な検診が重要

肺癌を放置してしまっていた場合には、検査の段階ですでに幅広く浸潤してしまっているケースも見られます。そうなると治療がかなり困難となりますから、定期的な検査と自覚症状の確認が非常に重要になってくるわけです。

肺癌そのものも死亡率が非常に高い恐ろしい病気ですが、浸潤による増殖・転移がさらに危険性を高めることになります。この点も踏まえたうえで、肺癌と向き合う必要があるのです。とくに喫煙者は注意したいところです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。