肺癌について知ろう!トップ > 病期について肺癌のN分類について

肺癌のN分類について

肺癌の進行度を示すステージ

肺癌の進行度合いを確認する目安として活用されているがステージ。これはTNMという3種類の判断材料をもとに、それぞれの段階を組み合わせながら判定されます。
このうちN分類とはリンパ節に転移しているかどうかを示す判断材料となっています。

リンパ節への転移の有無で分類される

肺周辺には血管やリンパ節が張り巡らされており、全身への転移が大きな問題となっています。
それだけにリンパ節への転移は肺癌だけに留まらず、全身への転移を判断するうえで重要なポイントとなってくるのです。N分類ではこのリンパ節への転移状況を4種類に分類しています。

N分類について

まずN0。これはリンパ節への転移がまだ見られない状況です。できればこの段階での発見・治療が望まれます。

それからN1。これは転移が認められるものの、原発巣と同じ側の肺門部のリンパ節にとどまっている状態を言います。これから転移していく前段階といえる症状で、ここまでならまだそれほど治療が困難にならないと言われます。

一歩進むとN2。この場合は原発巣と同側の縦隔リンパ節に転移してしまっている状況です。
あるいは気管分岐部直下のリンパ節に転移してしまっている場合でもこのN2に分類されます。いよいよ本格的な転移が認められる症状です。

最終段階がN3。この場合は原発巣とは反対側の縦隔、反対側の肺門、反対側の肺門にあるリンパ節に転移が見られてしまっています。あるいは鎖骨上窩リンパ節に転移が見られる場合もこのN3に分類されることになります。

このように、N分類は癌細胞がどの程度まで広がり、転移が進んでいるかを確認する重要な基準となるのです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。