肺癌について知ろう!トップ > 病期について肺癌のT分類について

肺癌のT分類について

T分類について

肺癌の症状はT、M、Nの3種類の分類によって進行段階が判断されます。この3種類の分類による状況を確認した上でステージに分けられるわけですが、ではこのうちT分類とはどのようなものなのでしょうか。

腫瘍の大きさで分類される

このT分類は簡単言えば腫瘍の大きさです。もともとの原発腫瘍の大きさを示す数字となっています。もっともわかりやすい肺癌の進行度合いの目安といえるでしょう。当然大きければ多いほど深刻な状態にあるわけです。

4種類のT分類について

T分類は大きさに応じて4段階に分けられます。

まずもっとも小さいのがT1。これは原発腫瘍の大きさが直径3センチメートル以下。肺組織や臓側胸膜に囲まれているものの、まだ葉気管支より中枢までには浸潤していない状態のことを言います。

次ぎの段階となるのがT2。これは以下の4種類の条件のいずれかに該当したものが分類されます。
原発腫瘍が直径3センチメートル以上。主気管支に浸潤が及んでいるか、腫瘍の中枢側が気管分岐部よりも2センチメートル以上は慣れている。臓側胸膜への浸潤がある肺門部に及び、無気肺、あるいは閉塞性肺炎が発生しているが片側肺全体には及んでいない状態。

次がT3。これは以下の4種類の条件のいずれに該当したものが分類されます。
胸膜・横隔膜、縦隔胸膜、壁側心膜のいずれかに浸潤しているもの。原発腫瘍が気管分岐部から2センチメートル未満に及んでいるが、気管分岐部へは浸潤していないもの。無気肺あるいは閉塞腺肺炎が片側の肺全体に及んでいるもの。

そしてもっとも重いのがT4。これは3種類の条件のいずれかに該当しているものが分類されます。
原発腫瘍の大きさは問わず、縦隔、心臓、大血管、気管、食道、椎体、気管分岐部に浸潤が及ぶもの。悪性胸水や心嚢水をともなう原発巣と同じ肺葉内で近接した転移があるもの。

これら原発腫瘍の状態に併せてT分類が行われるのです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。