肺癌について知ろう!トップ > 肺癌の分類粘表皮癌

粘表皮癌

生存率が高い粘表皮癌

悪性腫瘍のひとつに粘表皮癌というものがあります。これは唾液腺や外分泌船、子宮頸部などから生じるもので、悪性唾液腺腫瘍に分類されており、その中でもとくに頻度の高い病気として知られています。

ただ、悪性腫瘍としてはそれほど深刻なものではなく、5年生存率は80パーセントと他の癌に比べても高い数字となっています。治療後の経過もよく再発のリスクが少ないのも大きな特徴です。

女性に多い肺癌

肺癌とこの粘表皮癌との間には関連もあります。肺の内部にある気管支腺から発生した粘表皮癌の場合、組織型の肺癌として扱われるからです。肺癌は治療が難しく、死亡率が非常に高い癌として知られていますが、粘表皮癌による肺癌の場合には比較的治療が容易ということになります。
それだけに早めの診断と治療が重要な意味を持ってきます。なお、肺癌の形で粘表皮癌が発生するケースは非常珍しく、稀な症状として認識されています。

粘表皮癌の特徴としては女性に多い傾向が見られること、それから30代〜40代と比較的若い年代で発生するケースが多い点が挙げられます。それからもうひとつ、10歳以下で生じることもあり、小児の悪性腫瘍の中ではかなり多い部類に属しています。

症状について

自覚症状は初期の段階ではほとんどないものの、発症から1年程度の段階で痛みと神経障害が発生します。この点からも早めの発見と治療が重要なことがわかります。肺癌との関わりはそれほど深刻に考える必要はないでしょうが、可能性のひとつとして憶えておいて損はないのではないでしょうか。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。