肺癌について知ろう!トップ > 肺癌の分類扁平上皮癌

扁平上皮癌

肺門型肺癌に分類される扁平上皮癌

肺癌患者全体の25〜30%程度を占めるといわれているのが、扁平上皮癌です。
肺の入り口近くにできることが多く、肺門型肺癌に分類されます。これは扁平上皮と呼ばれる皮膚や粘膜などを覆っている組織によく似た形をとっていることから名称がつけられた癌のことです。

主な原因は喫煙

大きな特徴はタバコとの関係が非常に高いこと。非喫煙者に対して喫煙者の発症リスクが非常に高く、喫煙の習慣がある人は特に注意が必要となります。これは男女別の肺癌に占める割合からも明らかで、女性が約15%程度であるのに対し、男性は実に40%程度、もっとも発症数が多い腺癌にも匹敵する数字となっています。

1日の喫煙本数と喫煙年数をかけた数値が600を超える人はとくに要注意。扁平上皮癌のリスクが高くなるといわれています。

症状について

扁平上皮癌が厄介なのは肺の入り口、肺門や縦隔と呼ばれる部分に発症するため心臓や器官、血管などに邪魔されて胸部X腺検査での検出が難しい点。そのため早期発見が妨げられてしまう問題があります。ただし、一方では自覚症状が現れやすい面もあります。咳や喘鳴、さらに痰や血痰といった症状が出てくるため、自分で判断して早い段階で検査を受けることがポイントとなってくるでしょう。

治療には生活習慣の改善も含まれる

治療は抗がん剤や放射線治療が行われるほか、禁煙をはじめとした生活習慣の見直しも重要になってきます。10年間禁煙することで発症のリスクが2分の1から3分の1にまで低下するといわれるだけにしっかりと実践したいところ。年配の男性にとってはとくに身近で、注意が必要な肺癌といえるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。