肺癌について知ろう!トップ > 検査による合併症空気塞栓症(原因・症状・治療)

空気塞栓症(原因・症状・治療)

原因と症状について

肺癌の検査、治療を行う際にはいくつか注意しなければならない合併症があります。
そのうちのひとつが空気塞栓症です。これは手術や検査の際に静脈が切断され、そこから空気が入り込んでしまう生じる症状です。とくに心臓よりも高い位置で措置を行うと生じやすいため、肺癌の治療の際に大きな問題となります。

治療方法について

入り込む空気の量が多ければ多いほど深刻な症状となり、循環虚脱や低酸素血症になってしまうこともあります。場合によっては命にかかることもあるだけに非常に深刻な問題となります。

この空気塞栓症に陥った場合には血管内に空気が再び入り込むのを防ぎつつ、100パーセント酸素で換気をすることで低酸素血症を回避することが最大のポイントとなります。

また、カテコラミンを使用することで循環虚脱を回復させる措置も行われます。なお、術後に膜透過性肺水腫という症状が起こる可能性が高いため、慎重な経過の観察が求めれます。通常はICUでの管理・観察が行われます。

治療・検査にもリスクは伴う

肺癌との関わりで、もうひとつ注意しなければならないのが肺塞栓症。これは肺の癌組織の一部が剥がれて血流に入り込み、塞栓を形成する症状で血管を塞ぐことによって肺高血圧症が発症します。

どちらも患者にとっては防ぎようがなく、医師の技術と対応に任せるしかないものですが、検査や治療によってはこうしたリスクが存在しうるのだということは頭に入れておいて損はないでしょう。いざ検査・治療の方法を選択する際にも役立つはずです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。