肺癌について知ろう!トップ > 腫瘍マーカーI-CTP(腫瘍マーカー)の特徴

I-CTP(腫瘍マーカー)の特徴

近年注目を集めるI-CTP

肺癌の検査方法として腫瘍マーカーが広く用いられています。肺癌に適した腫瘍マーカーもあり、また小細胞癌、腺癌、扁平上皮癌などの種類によっても正確な判断が可能な種類が分けられます。
そんな中、近年注目を集めている腫瘍マーカーが「I-CTP」です。

骨への転移を判断する場合に効果的

これは「血清1型コラーゲンC末端テロペプチド」という非常に長い正式名称を持っているもので、おもに癌細胞が骨に転移していないかどうかを判断するための腫瘍マーカーです。

よく知られているように、肺癌は転移のリスクが大きい点が大きな問題となっています。血液やリンパ節を通してさまざまな部位に転移してしまい、全身に癌が拡大してしまう恐れがあるわけですが、とくに骨への転移が要注意とされています。I-CTPはそんな骨転移を確認するための腫瘍マーカーとして役立てられているのです。

治療の経過確認に用いられる腫瘍マーカー

この腫瘍マーカーは骨芽細胞で賛成されるもで、癌細胞によって骨細胞が崩壊した際に血液内に出現する特徴を持っています。それを検査によって検出し、骨転移の有無を確認することになるわけです。肺癌のほか、乳癌や前立腺癌などの骨転移を診断する際にも使用されています。

ですから、肺癌そのものの検査というよりは再発や転移を確認するのが大きな目的となり、発見よりも治療の経過確認のために用いられるケースが多くなっています。
肺癌を早期に発見、治療することができれば行う余地がない検査ですが、進行してしまった段階で治療を始めた場合には重要な意味を持ってくる検査方法となるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。