肺癌について知ろう!トップ > 腫瘍マーカーCEA(腫瘍マーカー)の特徴

CEA(腫瘍マーカー)の特徴

腫瘍マーカーにも種類がある

肺癌を判定するための腫瘍マーカーにはいくつかの種類がありますが、そのうちのひとつがCEAです。この物質は本来胎児の消化器細胞にのみ存在する物質なのですが、癌細胞が増殖している部分にも作り出されるため、癌の有無を確認する上で重要な意味を持ってきます。

このCEAはとくに胃がんや大腸がんの検査に用いられていますが、胃がんではあまり正確な検査結果が得られないと言われており、進行胃がんの場合は30〜40%程度しか検出されないと言われています。そのほか、消化器のがん、乳がん、腺がんなどの治療でも行われています。肺癌での陽性率は50%程度といわれており、この腫瘍マーカーだけでは判断が難しい面もあります。

検査基準値について

基準値は5.0ng/ml以下。この数値を超えた場合に癌の疑いが生じることになります。
ただし、健康な人でも約3%ほどが基準を超えた状態になるといわれており、その判断が難しい面があります。

高齢者や喫煙者の場合も数値が高くなる傾向があるため肺癌の場合はとくに判断が難しい面があるようです。一応基準値の倍になると癌の疑いが強く、4倍を超えると転移癌の疑うことになっています。

進行癌の検出に効果的な検査

もし基準値を超えた場合には、改めてCTや他の血液検査といった精密検査が必要になります。癌の進行度合いを確認するために、1〜2カ月後を目処に再検査を行う場合もあります。

この腫瘍マーカーは、早期の癌よりも進行した癌の方が検出されやすいと言われています。そのため転移癌の検査に対して行われることが多いようです。肺癌は転移のリスクが高いだけにこの点もポイントとなるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。