肺癌について知ろう!トップ > 病期診断腫瘍マーカーとは

腫瘍マーカーとは

癌特有の分泌成分を検出する検査

癌は早期発見が何よりも重要といわれています。放置しておくと増殖していくだけでなく他の部位に転移してしまい、ますます治療が困難になってしまうからです。癌を発見するためには検査が欠かせないわけですが、癌細胞の有無を判断する重要な手がかりとなるのが腫瘍マーカーです。

これは血液内に出現する特別な物質のことで、体内に腫瘍ができた時にのみ発生します。
この有無を調べることによって、その人が癌にかかっているかどうかを判断することができるのです。
腫瘍マーカーの物質が水準以上の数字で検出された場合には癌の疑いありとして改めて精密検査などを行う必要があります。

検査方法について

では腫瘍マーカーはどのようにして検査するのでしょうか。基本的な検査方法は血液の採取から。
血清にモノクロール抗体という物質を加えると腫瘍マーカーと結びつき判定することができるようになります。そこから得られる量を判定することで腫瘍の有無を判断するのです。
なお、血液のほか尿や膣の分泌液から検査を行う場合もあります。

正常な細胞に陽性反応がでることも

ただ、腫瘍マーカーだけで癌の有無を判断するのは注意が必要で、検出されたからといって必ずしも癌であると判断できるわけではありません。偽陽性のケースもあるのです。

ですから確定診断の際には、必ずCTや超音波検査など他の検査と組み合わせながら最終的な判断を下すことになります。手軽にできる検査方法で、しかもがんの転移や進行程度も確認できる利便性の高さが重宝されています。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。