肺癌について知ろう!トップ > 病期診断縦隔鏡検査

縦隔鏡検査

切開部分から内視鏡で直視する

内視鏡を使用して肺癌の検査を行う方法に縦隔鏡検査があります。この検査方法では肺癌からの転移があるかどうかを効果的にチェックすることができるメリットがあります。

縦隔鏡検査では縦隔鏡という内視鏡を胸部に挿入して縦隔という部分の検査が行われます。
この縦隔とは左右にある肺の中央にある部位で、この部分にリンパ節や心臓、気管、食道、胸腺などが存在しています。この部分はとくに肺癌からの転移が多い場所だけに、精密な検査が求められるのですが、それ方法として縦核鏡検査が適しているのです。また、内部の状況を検査するだけでなく、気管の周囲にある縦隔リンパ節を採取して直接癌細胞の有無のチェックも行われます。
他のメリットとしてはX線などを使用しないため、被爆の恐れがないことも挙げられます。

切開手術が必要になる

一方、胸部にメスを入れて切開する手術が必要なため、リスクも伴います。手術の際には全身麻酔が必要なことからもわかるように、患者への負担も大きく、出血や肺から空気が漏れ出てしまう気胸などの合併症が伴う可能性もあるのです。

また、リンパ節への転移に関しては縦隔鏡だけでは全体を検査することができないため、癌細胞が確認されなかったとしても転移が行われていないと断言することができない面もあります。

転移癌の早期発見に効果的な検査方法

このように、ややリスクが伴う検査方法ですが、医師が正しい判断で行うことで転移を早期に発見することができます。肺癌は転移が恐ろしい面があるので重要な意味を持った検査方法となるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。