PET

断層撮影が可能なアイソトープ検査

PTE検査とはアイソトープ検査の一種で、「陽電子放出断層撮影(Positron Emission Tomography)」の略からつけられた名称です。アイソトープ検査との大きな違いは断層撮影であること、そしてそれこそが肺癌の検査に重要な役割を担うことになります。

検査方法について

CTに比べると精度において劣りますが、癌細胞を発見する有効な方法として広く医療機関で用いられています。その特徴はガンマ線を利用し、コンピューター処理によって断層写真を取る点にあります。癌組織はブドウ糖の代謝が活発な状況にあり、それによってガンマ線が発生しています。
それを捉えることによって癌細胞の有無を核にすることができるのです。

現在のPETでは、技術の進歩によって通常のCTとほぼ同時に撮影できるPET-CTという装置が主流になりつつあります。

健康状態に左右される検査

ただこの検査方法にはひとつ弱点があります。それは癌細胞以外の原因によるガンマ線を捉えてしまう特徴もあるため、正確な癌細胞の特定が困難な場合があることです。
とくに頭部の脳組織にはガンマ線が多く発生するため、脳への転移の確認は適さない方法となっています。また、炎症の発生によってもガンマ線を探知しやすい傾向があるため、健康状態に合わせて使用することが求められます。

このように、万能とはいえない検査方法ですが、技術と精度の向上によって今後より大きな役割を果たすことが期待されています。これだけですべての検査を済ませるのは困難ですが、他の検査と組み合わせることでより少ない負担で肺癌の有無を確認することができる方法として有用です。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。