CT検査

体を輪切り状に画像化するCT検査

もっとも一般的な肺癌の検査方法といるのがCT検査です。「断層撮影」とも呼ばれるように、体の内部を輪切りにした断層の形で画像を撮影し、体内の状態を確認することができます。

肺全体の状況が確認できる

体内の撮影といえばレントゲン写真を連想する人も多いでしょう。X線による透過を利用して撮影する方法です。しかしレントゲン撮影の場合、背中から撮影した平面的な画像しか撮影することができません。そのため骨や心臓などによって隠された部分にある肺の癌細胞を発見しにくい難点があります。しかしCT検査ならそうした障害を抜きにして肺の内部を確認することができるのです。

CT検査では被験者が横たわった状態でベッドが移動し、検出器の通り抜ける形をとります。検出器を通り過ぎる際にX線が体を挟み込むような形で撮影が行われるのです。通り抜ける間に複数回撮影が行われ、輪切りの画像を組み合わせることで肺全体の状況を確認することができるようになります。

問題点は動きに弱いこと

メリットとしては上述したように肺の内部をより詳しく撮影し確認することができる点。一方デメリットは撮影の際に被験者が呼吸を止めなければならない点と、体を動かしてしまうことで画像がぶれてしまったり、飛ばされてしまう部分が出ること。肺はとくに動きやすい部位ですから、正確な撮影が困難な面もあるのです。

ただ、現在ではそうした問題点を解消したヘリカルCTという装置も登場しており、CT検査の精度はさらに高まっている状況です。いまやどの医療機関でもCT検査で肺癌をチェックしている状況、これからも肺癌検査・治療の分野で幅広く活躍していくことでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。