喀痰細胞診

痰から癌細胞を検出する喀痰細胞診

肺癌の検査方のひとつに喀痰細胞診という方法があります。もっとも手軽に行うことができる検査とも言われており、幅広い分野で使われています。肺癌は死亡率が高く、また他の部位への転移リスクもあるため早期発見が重要です。その意味でもこの喀痰細胞診は重要な意味を持っている検査です。

この検査の特徴は痰から癌細胞を検出する点。癌細胞が剥がれ落ちると痰に混ざることがあるのです。検出した痰を精密に分析することによって癌細胞の有無をチェックすることになります。
なお、この検査にはスクリーナーと呼ばれる専門の技師が担当し人間の目で細かくチェックされる方法がとられています。

検査方法について

検査の際には特定の容器に痰を吐いて行います。痰は早朝のものが使用されます。
負担が非常に少なく、簡単に行うことができる検査ですが、その分正確さにはやや難があり、肺癌患者の癌細胞が必ず検出されるとは限りません。痰に癌細胞が混ざらないケースも多いからです。

なお、検査の正確さに関しては1回の検査で55%程度というデータがあります。
肺癌があった人を対象に行った検査での結果です。これを2回行うと70%、3回行うと84パーセントまで上昇するため、回数を重ねるごとに正確さが増すことがわかります。そのため3回行う医療機関が多いようです。

他の検査の精度を上げる補助的な検査

このように、喀痰細胞診は手軽に行うことができる検査方法である一方、必ずしも最終的な検査結果を意味しない面があります。検査で異常がなかったからといって肺癌ではないと安心するわけにはいきませんが、ひとつの目安として行ってみる価値のある方法といえるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。