胸部CT

肺の状況を検査する胸部CT

肺癌の一次検診として広く用いられているのが胸部CTです。これは文字通りCTスキャンを利用して胸部を撮影し悪性腫瘍の有無を確認する方法です。

この方法ではX線を利用したCT撮影を行い、体をいわばぶつ切りの輪切り状態にして撮影します。それによって体の内部、とくに肺の状態を精密に撮影・検査することができるのです。
この検査方法の特徴は苦痛がほとんどないこと、患者は基本的に装置に横たわっているだけで済むことが挙げられます。唯一しなければならないのは撮影の際に息を止めることだけ。精密な撮影をするためには肺をできるだけ動かさない状態であることが求められるのです。

精密検査が必要かを見極める検査

ただ、胸部CTは基本的にあくまで一次検診、悪性腫瘍が見当たらないかどうかを確認するための検査となります。この段階で異常が発見された場合にはさらに正確な精密検査を受けることになるのです。胸部CTの場合、肺の全体を精密に撮影するのがなかなか難しく、正確な判断ができない面もあるのです。

しかしそんな問題もヘリカルCTの登場によって解決しつつあります。これは輪切りではなく螺旋状に体の内部を撮影できるCT装置で、これまでの問題だった体の移動やデータ転送の困難などを克服することが可能となっており、新たな肺癌の検査方法として導入されるケースが増えています。

自治体で行う身近な検査

自治体などが実施している肺癌検診で広く用いられている胸部CT。もっともなじみの深い検査方法ともなります。検査を受ける際にはどのような種類のCTが使用され、どういった形で行われるのか詳しい内容を確認しておくとよいかもしれません。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。