ヘリカルCT

精密な検査が可能なヘリカルCT

CTを活用した肺癌の検査方法にヘリカルCTと呼ばれるものがあります。
この方法では従来のCTでは十分な肺癌の検査を行うことができなかった問題点を改善し、精密・正確な肺癌検診が可能になっています。

従来のCTと比べスムーズな撮影が可能

肺癌をCTで検査する場合、呼吸を止めた状態で全体をスキャンする必要があるのですが、従来のCTの場合、複雑なデータを一度に処理し切れなかったり、データを転送するためのコードがCTを撮影している間に絡まってしまうなどの面倒がありました。

しかし最新のヘルカルCTでは、CTの連続回転が可能になったことでデータの処理が大幅に軽減されたほか、スムーズな撮影・スキャンが可能になったのです。

肺癌を正確に捕らえる螺旋回転撮影

これまでのCTとの最大の違いは螺旋上のスキャンが可能になった点。従来のCTでは1枚1枚の画像は体を輪切りにするような形で1枚1枚撮影していく必要がありました。
しかしヘルカルCTでは体を軸に螺旋状に回転させながら連続的に撮影していくことができるため、非常にスムーズな検査が行えるようになっているのです。「ヘリカル」という名称そのものが「螺旋」を意味しています。

もちろん、スムーズな撮影や速度が上がるだけではなく、精度も向上するため正確に肺癌の有無を確認することができます。さらに精度の向上は初期段階での癌細胞の発見にも役立っています。
この検査方法が登場したことで肺癌の早期発見の確率が大幅に向上したとも言われています。
肺癌が気になる人はこの検査方を行っている医療機関を探してみるのもよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。