肺癌について知ろう!トップ > 肺癌について肺癌の原因

肺癌の原因

主な原因は喫煙

男性の間で肺癌患者が急増しておりその対策が社会的な問題となっています。死亡率が高いことでも知られる癌ですが、どのような原因で発生するのでしょうか。

明確な理由はまだ明らかになっていない面もあります。そんな中真っ先に挙げられるのが喫煙
タバコが肺癌を誘発すると言われています。肺癌の死亡率と喫煙率の低下がリンクしていないため、必ずしも明確な因果関係があるとは限らないという意見もありますが、実際のところ喫煙者の肺癌になる確率は20パーセントと高く、肺癌患者全体の8割を占めていると言われています。

また、本人が喫煙しない場合でも家族など身近な人の喫煙による煙を吸うことによって生じる受動喫煙による発生も大きな問題となっています。

遺伝も発症の要因になる

それ以外にも、肺癌の原因となる要素がいくつか挙げられます。一時期大きな問題となったのがアスベストに代表される化学物質の存在。ただ最近では規制が厳しくなったため、こうした原因で肺癌を発生するリスクは少なくなったといわれています。

それから遺伝的な要因。癌家系という表現があるように、肺癌に関しても遺伝的な要因で発生する要素があるようです。さらに呼吸器に関する疾患を抱えている人になりやすいという意見もあります。

発症リスクを避ける心構えが大切

上述のように肺癌の死亡率と喫煙率の推移がかみ合っておらず、まだ未知の原因が存在しているのではないかという意見が強くまだ研究が進んでいる状況です。なお、野菜を多く摂取する人は肺癌になるリスクが少ないと言われている点も挙げておくべきでしょう。

日常生活ではこうした原因を踏まえたうえで、できるだけリスクを避けるよう心がけることが求められるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。